爪 でこぼこ 巻き爪

でこぼこした爪は病気?でこぼこした爪や巻き爪の原因と治療法

爪がでこぼこする原因は、
病気日頃の習慣の二種類があります。

 

日頃の習慣とは、例えば爪を噛むクセがあったり甘皮を押したり
噛んだりする事で出来る状態を言います。

 

爪の生え際の辺りに刺激を与えたり、爪に傷がついてしまうことで、
伸びた爪にでこぼこの線が出来上がってしまうのです。

 

特に、爪を噛むクセのある乳幼児や子どもは、
これらの習慣が原因で爪がでこぼこする事が多いです。

 

これらの、習慣が原因のでこぼこは主に縦線になって表れます。

栄養不足によるもの

習慣以外には、鉄分や栄養不足で縦に線が出る事があります。

 

ただし、横にでこぼこが出る場合は体調不良を疑ってください。

 

妊娠中や風邪で高熱が続いた時にでこぼこが出る事もありますし、
過度のストレスやショックを受けた事で爪に異変を感じる事もあります。

 

場合によってはでこぼこの原因が水虫という事もあるので、
でこぼこ以外の症状がないかよく観察してください。

 

特に、爪が黄色くなっていたり、黒ずんだような状態が見られたら、
胃炎や慢性疾患などの可能性がありますので、そういった際には
すぐにお医者さんにみてもらいましょう。